千葉県白井市 まどか幼稚園

園の風景

最近の記事

裸足遊び
(2022年6月13日)
まつりの準備だ!ワッショイ!
(2022年6月 9日)
代掻き後の田んぼ
(2022年6月 7日)
お米を作ろう!〜種まき・代掻き編〜
(2022年5月25日)
初めての園外保育
(2022年5月20日)
まどかみその仕込み
(2022年5月16日)
体操教室開始
(2022年5月13日)
園外保育
(2022年5月13日)
ぽかぽか遠足
(2022年5月11日)
積木あそび
(2022年5月11日)

カテゴリー

月別アーカイブ

代掻き後の田んぼ 【2022年6月 7日】

秋の収穫を終えてから春が来るまでは、田んぼのお休み期間。
冬の間は氷が張ったり、水がほとんどなくなる時期もあれば、また雨が降って水が溜まったり...
春になっても昨年の稲の根元はまだ田んぼに残り、土はごろごろと固い所が多くあります。
220607_ (2).jpg5月下旬の代掻きでは年長組の子ども達みんなで、田んぼに代わる代わる裸足で入り、土をほぐしました。
子ども達の頑張りにより田んぼはとても柔らかくなり、水と混ざり合ってたぷたぷ、とろとろ。
代掻きをすることで稲の根は田んぼに活着しやすくなり、水が均一に張れるようにもなります。
220607_ (1).jpg220607_ (4).jpg

翌日、しっかり土が沈んだ田んぼにはヤゴなど水の中の生きもの達が歩いた跡が見え、湿った土手の上にはツバメがやってきました。

まどか幼稚園のツバメは今年の春1回目の巣を天敵に壊されてしまったのですが、諦めずに田んぼと池から泥や枯れ草を運んで2回目の巣を作り、今は無事に卵を温めているようです。
220607_ (3).jpg220607_ (6).jpg年長組の子ども達がお米作りをすることで、田んぼとつながる生きもの達が園庭を訪れ、稲と一緒にたくさんの小さな命が育っていきます♪

TOP